小児てんかんの診断と治療

小児てんかんのwebセミナーがありました。正しい診断のためには問診が大事とのことで、診断の8割が決まると言っても過言ではない!とのことです。そこで発作観察のポイントを書いてみます

1.いつ?何をしているときに?どんな状態で?起きたのか。

2.最初の症状は?前兆はあったかどうか。

3.時間軸で把握。どこから症状が始まってどこに広がったか、など

4.左右差はどうか

5.発作後の状態は?発作後の状態も大事とのことです。

あと、スマホで撮っておくのも診断に有用です。発作時には親も冷静ではないかもしれませんので記憶が曖昧になりがちなので、しっかりと状態が記録に残せますからね。

目次
閉じる